バレリーナ 脱毛

バレエって実はムダ毛処理大変なの。

 

こんにちは〜(*^▽^*)

 

初めまして!小学四年生からバレエをしています。

 

最初お腹が出ていて他の保護者の方から「お腹出ていて可愛いな〜」と言われたのが何だか恥ずかしくて

 

悲しくなっちゃったのを覚えています(笑) その年齢はよく食べていたな〜

 

今は他のところに移動しているのですが、バレエで発表会に出る絡みでよく幼児の方などを見るのですが

 

保護者の方などよく会って話したりするんですね〜。

 

そしたらムダ毛処理の話を相談されました。どうされていますか?って

 

やはりバレエってムダ毛が処理をすることになるけど、小さいうちからムダ毛処理していました。

 

私の場合は少し他の子と比べて毛深かったのでカミソリを剃ったり抜いたりしていたような・・・

 

確かにバレエの子たちって脱毛したがっている人がとても多かったんですね。

 

確かに小学生とか高学年になると他のお子さんと比べたりしてイライラしちゃったり。

 

悩んでいるお友達も私のときにいました。私も当時とても悩んでいたのをおぼています。

 

アラベスクポーズを練習していた時とか特に冷や冷やしたり・・・(笑)

 

この保護者の方と話した時気持ちすごーく分かりました。

 

そこでバレエの子たちの為にムダ毛処理をご紹介したいと思います(^^)

 

ではムダ毛処理とはどんなものがあるのでしょうか?

 

結局カミソリや毛抜きですると肌荒れや埋没毛や黒ずみになってしまう

 

カミソリや毛抜きの場合
カミソリや毛抜きで処理をするのが一番簡単です。
ブツブツになってしまうし、カミソリによる肌への傷やプールの塩素によって荒れちゃうこともあります。
埋没毛になってしまって結局ブツブツになってしまったりきれいな肌は保てません。
私はこれでカミソリでやっていたらブツブツ黒ずみがひどかったです。

 

 

脱毛サロンへ行く場合
脱毛サロンへ行く場合は光脱毛とレーザー脱毛などがあります。
キレイな肌になれますし、プロのエステティシャンが行うので自分でするよりも
断然きれいになれます。ですが料金がかかります。
料金がかかる&予約していかなければいけないので、バレエの子たちは
少し手間がかかるかもしれませんね。ですがキレイに脱毛ができます。
レーザー脱毛の場合のみは注意が必要です。
レーザー脱毛の場合は日焼けをしてはいけないなどの条件なども
ありますので、少し面倒な方も多いかもしれません。

 

 

セルフ除毛
筆者がおすすめなのはこのセルフ除毛ですね。
家でできるセルフ脱毛器などなるべく日々の合間にできて
負担がかからないとわたしは思います。
ここでは除毛クリームや家庭用脱毛器になりますね。
カミソリや毛抜きでするより手入れの回数が
少なくなるのでおすすめです

 

 

 

筆者目線のセルフ脱毛。家でできるセルフ脱毛からこども脱毛できるサロンやムダ毛ローションなどもありますので、ご紹介いたしますね(^^)


バレリーナ(バレエ)通い中の方へおすすめの脱毛方法!

ではおすすめの脱毛方法を順に追って紹介します。
まず大手脱毛から家庭用脱毛器の紹介です。

 

大手脱毛サロンはキャンペーンで安くなることが多い


大手はキャンペーンが多いのでぜひおすすめです。全国展開がある脱毛サロンはおすすめになっていますので良ければぜひ
ミュゼは全国展開で店舗数がとても多くて、5倍のスピードの技術でお手入れが可能なので予約が取れやすいという利点があります。
体験が気になる方はぜひおすすめになっています(^^)
ミュゼプラチナム 詳細はコチラ

 

 

光脱毛が家で出来る!毛量が薄くなる家庭用脱毛器

家庭用脱毛器おすすめ基準ポイントを紹介します。こちらを踏まえたうえでの紹介です。

  • コストパフォーマンスが高いか・・・値段など照射回数や全体の使い勝手からみての値段が相応かどうか
  • 照射回数・・・照射回数とは家庭用脱毛器は制限照射回数があります。制限回数が多いほど長く使用できるという事。
  • 照射面積・・・照射面積とは・・一度に照射できる面積のことになります。面積が広い脱毛器は広範囲で照射可能ということになるのでその分少ない回数で済むという事。

 


ケノンの特徴

  • 光によるフラッシュ脱毛
  • 日本製
  • 定価¥69,800
  • 照射回数:約20万発(標準装備のラージカートリッジ使用・Lv1時)
  • 1回の照射面積:横3.7cm×縦2.5cm(標準装備のラージカートリッジ使用時)
  • パワー:10段階の出力レベル(光を当てる強さの事。毛量や剛毛の方はレベルを調節)可能
  • 脱毛可能部位・・もみあげ 鼻下 あご 胸 お腹 おへそ周り 手の甲 手の指

      アンダー 足の甲 足の指 うなじ 背中上 肘上 わき 肘下 背中下、ヒップ ひざ上 ひざ下

私目線のおすすめポイントその1 フラッシュ脱毛(光脱毛式)の中では高額だが高コストパフォーマンス
何が高コストかというと、キャンペーン期間などケノンさんの公式サイトはキャンペーン適用すれば通常価格より
安く手に入れることも可能。この本体の値段が69,800円と高値ではあるのですが、高コストのポイントは
この照射回数が制限回数になってくるのですが、この制限回数がきたらカートリッジ交換か本体ごと買い替えなければ
なりません。別の光脱毛器カートリッジタイプと比べると、いくら本体の値段が安くても最低照射回数が少なければ
すぐ買い替えなければならないという事になります。ケノンは最低レベル1で200,000回で比較しても回数が多いです。
最高レベル10では10,000回使用できるなど、回数はほかのと比べると断然あります。

 

私目線のおすすめポイントその2 カートリッジ交換時の値段も1万円以下
またこちらはカートリッジ交換タイプなのですが、照射制限回数がきたらあたらしいカートリッジに交換する必要があります。
ケノンは広範囲用、指や腕毛用の標準用などカートリッジが準備されています。本体と同時に購入すると値引きが
ありますが、カートリッジ交換時の単体値段でも7千円〜1万円で購入可能でした。そしてまた同じ回数分
最低レベル1で200,000回、レベル10では10,000回使用できるという事。カートリッジは一人の購入個数が
限られてくるため、そこは注意が必要です(笑) また美顔器もできます。それ専用のカートリッジを購入すれば
可能なのでぜひ♪

 

私から見て総合評価が4.5
一番最初の購入金額だけ本体価格が高値の分出費が痛いと思う方もいますが
光脱毛は永久脱毛ではない為毛は一生生えてきます。ですので家庭用脱毛器は
自宅でエステより簡単に自分でムダ毛処理ができてなおかつ除毛ができるという目線からいくと
という事。
カートリッジを随時購入していく必要がありますが、照射回数と照射範囲からみても
コストは高い。頻繁に購入というわけでもないんですね。(レベル10で最初から最後まですれば話は別ですが)
最初の出費だけかかって、カートリッジ交換さえすれば一生使用できる家庭用脱毛器という事。これ以上濃くなることもない。
他のサイトでもおすすめ1はケノンが多い理由が分かりました(^^)
ケノン公式紹介はコチラ

 

 

ケスルンの特徴

  • 光によるフラッシュ脱毛
  • 日本製
  • 定価¥49,800(税抜き)
  • 照射回数:約30万発(Lv1時)
  • 1回の照射面積:4.9cm
  • パワー:10段階の出力レベル(光を当てる強さの事。毛量や剛毛の方はレベルを調節)可能
  • 脱毛可能部位・・顔やビキニラインなど

私目線のおすすめポイントその1  搭載機能がすごい。
この脱毛器はクール搭載機能や美顔器機能搭載。ぱちんパチンと光脱毛をしたあとトリートメント光を当ててその後クールダウン。
一つの美顔器で肌のトリートメントとクールタイプと美顔器が揃っているという事。カートリッジ交換して使用するものでは
ないので、この本体でボタン一つで機能が色々使用できます(^^)はい、お気づきの方もいると思いますが
この本体一つで制限照射回数が定められているという事。カートリッジ交換ではないので制限回数まで達したら
本体ごと買い替えなければなりません。ですが・・・!ここで二つ目のおすすめポイントを紹介しますね(^^)

 

私目線のおすすめポイントその2 家庭用脱毛器 初めての人はお試しでおすすめ
まず、照射回数の紹介です。レベル1では30万発、レベル10では15万発可能という事。そうです
ケノンと比べたら、照射回数は多いんですね。パワー段階もレベル10まできちんとありますし、他製品と比較しても
内容は申し分ないのですが、カートリッジタイプではないので、制限回数まで達したら、再度本体購入が必要になります。
ここでおすすめポイントは家庭用光脱毛器が初めての方はこちらがおススメ。ケノンまで値段は高くないですし
何より月額分割払から3320円〜可能なんですね。ですのでケノンでは高すぎて躊躇。光脱毛って本当に効くのかしら・・
と心配な方、家庭用脱毛器を使用するの初めてだからな〜という方は一旦こちらを購入してもいいと思います。
実際お試しがあったら一番いいのですが、購入しなければいけませんからね。自分の毛量や照射範囲などは
実際使用してみないと分からない部分がありますしね。
ケスルン公式 詳細はコチラ

 

一気に終わらせたい人へコツがいる!除毛クリーム


女性専用除毛クリーム。こちらのクリームアットコスメで高評価&医薬部外品で安心して使用できます。
カミソリや毛抜きでするととても面倒だと思いますので、除毛クリームで放置して毛をごっそり除毛しちゃいましょう。

 

筆者目線のおススメ
単品購入可能。普通脇は使用できなかったり部位に限りがある除毛クリームだが全身可能。
Vラインも整えることができます。しかもだんだん薄くなってくるというのもあるそう。
毛抜きやカミソリで肌を傷めるよりはこういうもので除毛する方が手間ではないかもしれません。

 

敏感肌もOKとのことでしたが、パッチテストで確認するのをお勧めします。ひとによって 肌質は違うからですね。
一気に終わりたい方はぜひおススメですが、肌質によってはヒリヒリしてしまう難点も少しあります。
おすすめ除毛クリーム 詳細はコチラ

こども脱毛でおすすめはこちら!

ここで問題となってくるのが成長期のお子さんの脱毛事情ですよね。
レオタード着ていると他のお友達とも比較しちゃいますしね〜(;´∀`)

 

成長途中のお子さんの脱毛はまた生えてくるというデメリットが発生するからですね。
バレエや新体操などを習っているお子さんなど特に困りますよね。ですが、お子さん専用の3歳からできる脱毛サロンを見つけました。
子供さんたちも、カミソリや毛抜きで処理をすると結局肌を傷つけてしまいますからね。
それなら、脱毛の方が早いかもしれません。思春期で毛が濃いと悩んでいる方など特におすすめです。

 

 

ペースは3−4週間に1回のペースで年12回脱毛が可能。
また痛みが無く、途中で寝てしまう子もいるくらいです。今ならママも一緒に脱毛体験できるみたいなんですね。
ですので私の場合はこちらがおススメになっています。
子供脱毛Dione コチラから

 

 

 

 

親子で毎日使用できるムダ毛ローションもおススメ


全身使えるムダ毛処理化粧水ローションです(^^)
今話題になっているようで親子で使用できるという事で売れているそう。

 

私のおススメポイントその1 化粧水と一緒の用途で使用出来ること
顔から腕、わき、足など全身使用できるローションになっているので、ただスキンケアと同様
肌に塗ってなじませて終了です。豆乳が入っているのでイソフラボン効果があります。

 

私のおススメポイントその1 肌への負担を感じている方こそ使える商品
敏感肌の方って足でも腕でもカミソリ負けが怖かったりしませんか?私は
除毛した後は必ずクリームでケアを怠りませんが荒れるのは怖いんですね・・・
春夏シーズンではけっこう肌の露出が増えますしね・・・。荒れないように
顔も含めて全身使えるローションはムダ毛対策としてはいいかと思います(^^)/

 

顔と全身範囲をひろげて使用できるというのを考えたらいいかもしれません♪
単品でのお試し価格も高額ではない為、お試ししやすいかと思います。
パイナップル豆乳ローション 詳細はコチラ

おすすめバレエ情報

誰もが通る道!バレエの練習時の月経おすすめ
バレエの時って生理大変ですよね〜!普通のショーツじゃ絶対ダメですし。
そこでおススメなのがバレエ用のショーツの、チャコットのを使っていました。
普通のショーツはレオタードからはみ出ますし動きづらく、ぶ厚くて目立つので私はレッスンでは絶対に着なかったですね。
私の教室は更衣室がありましたが、小さい教室はもしかしたら無いかも??しれませんので
私の友達は私服の下にレオタードを着込んで、来たら脱ぐだけ!にしていましたね。
確かにそうすれば楽だと思います。
生理の時はバレエ用のショーツにナプキンを付けてます。
ひどい時は、レオタードの上からバレエ用のショートパンツを着たりしてましたし。
ちょっと漏れたりしても、レオタードが黒ならほとんどバレませんでした(笑)
あ!!漏れたかもっていう時は、先生に言ってトイレに行くことも。(先生が男性なら無理ですが;)

 

基本的にバレエで着用するもの

  • ショーツ(バレエ用がベスト。ベージュがおすすめ)
  • タイツ
  • レオタード です。

もちろんバレエ用のスカートやショーツパンツなんかも売ってます。ちょっとお値段高かったりもしますが・・・・
バレエ用では 最初からくっついてる物もあったりしますが、スタイルカバーや生理が気になる方にはおすすめです(^^)

私なりの更衣室での着替えの工夫

  • 家で普通のではなくバレエ用のショーツを穿き、私服を着る。
  • 教室の更衣室で、ボトムだけ脱ぎタイツを穿き、レオタードをお尻まで上げる。
  • トップス・下着を脱ぎ、レオタードを全部着る。

 

こうすると更衣室での露出が最小限に抑えられます。日々の行動が身を結びました。
ワンピースを着ていた場合、最も露出が少なくてすみますね!
すき間からショーツが見えることは無いですが、バレエ用のショーツはレオタードからはみ出さないようになっているので便利ですよね。
もし見えてもベージュなのでほとんどわかりませんので色選びは重要ですよ♪

 

バレエ情報おすすめ紹介!
私はよく友達と話すのはバレエ情報を見るときかな。バレエの総合サイトみたいな感じです。
バレエの公演会とか情報とか良く見るサイトはバレエナビ。とても面白くて楽しく見ることができます(^^)

 

ぜひ見てみてくださいね。 バレエナビはコチラ
そして上記で説明していたバレエの通販チャコットはこちら

 

 

バレエ公演を見に行くときの服装チェック!
劇場って高級な服を着て行かなくちゃいけないって思いがちですが,
清潔な格好をしているのであれば,ジーンズだっていけなくはないんですよ(^^)
あまり柄柄したのではなくて、フォーマルっぽいものが私はおすすめです。
髪形なども結構大切なので、ぼさぼさ頭のまま劇場へ行く人はいないと思います、
髪の毛はまとめて行きましょう。髪の毛アレンジはシニヨンとか可愛くてゆるふわでいいですね。

 

更に言うと、持っていって便利なものは チケットやハンカチを入れる小さなバック以外に
プログラムなどが結構邪魔になるので。大きめのサブバックを持って行ったほうがいいと思います。
あとはダンサーの顔をチェックしたいときにオペラグラスなんかもあったほうがいいかもしれませんね。
あとは防寒対策。カーディガンやショールもおすすめ。けっこう館内冷えますからね

ムダ毛を気にしないでバレエ上達へ!

ムダ毛気にしているとバレエの練習がはかどりませんよね。

 

何より自分でやるべきことを開花させてやっていきたいなと思います。これからもバレエを楽しみながらバレリーナの道を志していきたいと思います。